温活カフェ本部   0120−954−889

(受付時間:平日10:00〜17:00)

©2017 Diatechnica Co.,Ltd 

さまざまな不調の原因それは... 

なぜ低体温はいけない?

私たちを取り巻く生活環境は、真夏でも冷房で冷えていたり、 真冬でも薄着で身体を冷やしたりと、一年中「冷え」にさらされています。こうした生活環境や食生活、さらにはストレスなどが原因となり、健康な人なら「36.5°C」ある基礎体温が低下し、 平熱が35°C台の「低体温」となってしまうのです。体温が下が ると、身体の内部のさまざまな活動に支障をきたし、病気に対抗する力も弱まります。

低体温は免疫低下をもたらし「冷えは万病のもと」と言われます。 体が冷えると血流が悪くなって血液もドロドロになり酸素や栄養素が体の隅々まで運ばれなくなります。代謝が悪くなると肌 がくすんだり、むくみや脂肪がたまりやすくなったり...美容にも大敵です。

東洋医学では温補ということばがあります。

冷えたり体力・体質が不足する事で体のバランスが崩れて不調 や病気を引き起こします。それらを改善するために冷えた体を 温めて不足を補うことが大切という考えです。

女性に冷えが多いのはなぜ ?

男性に比べると筋肉量が少なく、作り出される熱量が少ないため冷えやすいことが男性より女性の方が冷え性が多い原因と考えられます。

その他の理由としては薄着やダイエットなども考えられます。

素足で足を冷やしたり、パンプスなどきつい靴で足の血行が悪くなったりする事もストレス 原因です。無理なダイエットもエネルギーが充分につくれず冷えやすくなります。

女性だけではありませんが最近は過剰な冷暖房によって、外気との温度差が激しくなった事やストレス、食生活の乱れなどで自律神経の体温調節機能を乱れさせて、 冷えを起こしていることも原因だといわれます。

放っておくと怖い冷え 

冷えは年齢とともに悪化していくといわれます。その原因は加齢による代謝の低下や日々の冷えの蓄積です。冷えの入り口は20代だと知っていますか?近年は 冷えを感じている女性も多いようですが無理をして長年放置して症状が悪化してしまう傾向があります。40代になって増えてくるのがイライラや不眠、パニッ ク、うつ病など。50代は尿関連の不調が多いといわれています。 

「低体温」「冷え性」はちがう! 

低体温は、体温そのものが36°C以下に低くなっている状態をいいます。

これに対して冷え性というのは、体の中心部の体温はそれほど低くないのに、

手先や足先といった体の末端の血行が悪く、異様なほど冷たくなってしまうという病態のことです。 

365 日、体温を 36.5°Cに保ちましょう! 

人間には約 60 兆個の細胞があり、それらは日々生まれ変わっています。この代謝に不可欠なも のが酵素です。また、腸内には約100 兆個以上の細菌が存在していて、その中の善玉菌が私たちの健康に深くかかわっていることが分かっています。さらに、細菌やウイルスなどの外敵から身 体を守る「免疫」にも、体温が深く関係していることが分かってきました。これらの「代謝」や「酵素」「腸内細菌」「免疫」などが活性化するためには、36.5°C以上の体温環境が必要だといわれています。

温活カフェは「乗るだけで運動」「入るだけで温活」というシンプルで誰にでもできるサービスです。